このブログについて(カズのプロフィール)

吉田和己プロフィール

2015年7月24日更新

私は15年以上薄毛に悩み改善策を探し続け・2010年~このブログを始め情報発信しながら育毛について学んできました。そして、2014年10月~「新しい育毛スキーム」により、完全に抜け毛の改善が出来、今に至ります。

追記:2015年7月~は「2015年度版~薄毛改善・カズの育毛方法~」を実践しています。こちらのコンセプトは「カラダの中からアプローチ」「カラダのめぐりを良くする」です。

「2015年度版~薄毛改善・カズの育毛方法~」では、2014年の時の抜け毛の改善に加え「抜け毛の質が良くなっている・毛髪が黒々してきた・毛髪が太くなってきた」という効果を得ています。つまり、「ヘアサイクル」が以前より良くなり・ヘアサイクルにおける「成長期」が伸びているのだと思われます。

今まで色々なヘアケア方法・シャンプー・育毛剤を利用して「足し算・引き算・掛け算」して組み合わせたスキームです。すべて私が身をもって実践し経験則に基づき効果が出ている方法です。
2015年度版~薄毛改善・カズの育毛方法~

ブログ開設当初書いたプロフィール

※ここからの文章は古いです←当初書いたものを残しています

このブログは、カズが日々試している育毛方法を実践形式でお届けします。
そして同じように薄毛で悩んでいる方へ何らかのお役にたてれば幸いです。

ハゲは遺伝でどうにもならないと思っていませんか?
私もそういう時期もありましたが・・・
私の父の話をしますので見てください。

私の父は今現在、75歳です。
65歳の時に脳梗塞で倒れました。
その病のおかげで、左半身麻痺で車椅子の生活です。

普通考えますとそれだけの病気をして
体に負担がかかりますので、当然頭皮の状態
が良くなるわけがないと思います。

スポンサードリンク

が、しかし・・・

以前の父よりも髪の量が増えているのです。
なぜなのでしょうか?
まったくもって不思議です。

どう解釈すればよいのやら・・・
私は考えに考えました。

ちなみに父の以前の髪の状態は、私と同じM字型の
ハゲです。ソリの部分を中心に後退している感じです。

そこで私は検証してみました。
考えられることは多分3点です

①脳梗塞の薬が何かしらの影響を与えている。
②介護付老人ホームなので食事のバランスが良い。
③お風呂が週2日なのでシャンプーの回数が減り
 逆に良い影響が出た。

このように考えてみました。

もちろん、①の内容が影響しているのなら薬なので
私たちの育毛に取り入れられないのですが
②と③の影響かどちらかの影響であれば
私たちの育毛に取り入れられます。

あなたは、どう思いますか?

私はこの状況をみて育毛にチャレンジしようと思い
それを実践しているところです。

効果は?
はっきり言って完ぺきではないですが
良い方向には向かっているのは事実です。

それはあきらめてストレスを感じていたり、何もしてない人より
効果があって当たり前だと思います。
これは育毛だけの話ではなく人生においても同じだと思います。

どうせなら
どうすれば髪が生えるのか勉強したり、実践する。
そしてそれを楽しむ。

うまくいけばそれは成功体験としてハゲ克服だけでなく
成功するマインドを学ぶこともできるし

ダメでもその行動と継続する努力というのは
人生において役立つと思います。

カズの場合
今のところ良くなってきてますが

ダメならブルース・ウィルスのようなカッコ良いハゲを
目指してやると思っています。

話は長くなりましたが
カズが実践して良かったこと、悪かったことを報告していきますので
もしよければ参考にしてみてくださいね。

2015年度版~薄毛改善・カズの育毛方法~

Google

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る