育毛剤>血行促進タイプ

血行促進タイプの代表的な主成分は
ミノキシジル、チクセツニンジンエキス、ビタミンE誘導体
センブリエキス、塩化カルプロニウムなどなど

ミノキジシル
この成分はアメリカで血圧降下剤として開発した薬ですが
副作用で多毛症が多く発見され改良し育毛剤として
使われるようになった。

育毛剤として使われる濃度は2~5パーセント程度。
ただしカユミが出るという報告も多数ある。
日本の育毛剤では”リアップ”で使われている。

センブリエキス
漢方薬でも有名なセンブリエキス。胃の粘膜を刺激し血行促進
されることから育毛剤にも使われるようになった。
日本の育毛剤では”サクセス”が有名。

塩化カルプロニウム
毛細血管を拡張し、血流を増加させる作用がある。
日本の育毛剤ではカロヤンシリーズ

ビタミンE系
毛乳頭の毛細血管拡張さようがり血行促進に効果。
そして抗酸化作用があり活性酸素を減少効果もある。

この記事を読まれた人は次にこの記事も読まれています

育毛剤の詳細/口コミ情報

  • 薬用ポリピュアの口コミ情報
  • 発毛・育毛M-1ミストの口コミ情報
  • スポンサードリンク

    ページ上部へ戻る