ベタベタ脂性・カサカサ乾燥!頭皮の状態でケア方法も違います

ベタベタ脂性・カサカサ乾燥!頭皮の状態でケア方法も違います

ペンネーム:めめこさん

20代前半までは頭皮がべたつきやすい、脂性タイプでした。シャンプーしても頭皮や髪がねっとりとしていて、臭いも少し脂っぽかったのです。

この状態の頭皮は頭皮ニキビが出来やすく、ワックスをつけると更にべたつくのでセットできない、抜け毛のせいで頭皮が薄くなるという事に悩んでいました。

スポンサードリンク

ベタベタ脂性・カサカサ乾燥頭皮の改善方法

これを解決しようと思って朝と夜の1日2回シャンプーをして、更に出かける前にシャンプーもするので合わせると多くて1日に3回も髪を洗っていました。そうすると髪のべたつきは治まったのですが、今度は乾燥してフケと痒みが出てきたのでした。

こういったトラブルは、色々な要因があります。まず私が脂性タイプの頭皮になったのは、睡眠時間が安定しない夜更しと、乱れた食生活が原因でした。

10代の頃から夜2時過ぎに眠る生活で、野菜をあまり食べず肉ばかり食べるバランスの悪い食事ばかり摂っていました。こうした毎日のせいで皮脂が過剰分泌してべたつき、、頭皮が詰まってニキビが出来ていたのです。

ここから乾燥タイプになったのは、髪の洗い過ぎが原因でした。髪を洗えば確かに頭皮のべたつきは治まりますが、その代り乾燥しやすくなってしまいます。

スポンサードリンク

頭皮にあった対処方法を見つける

まず脂性タイプ、乾燥タイプの場合、それぞれ気を付けなければならない事があると気づきました。それは、頭皮に合った対処法です。

脂性の場合はシャンプーを脂性頭皮用、例えばポーラのフォルムシャンプーがいいと思います。これはアミノ酸配合で、べたべたした頭皮もさっぱり洗い上げつつ、必要な皮脂は残してくれますから、洗いすぎて乾燥してしまう事態を防げます。

乾燥タイプの場合、ルメントの高濃度炭酸オイルクレンジング&シャンプーがいいでしょう。こちらは簡単に自宅で炭酸ヘッドスパが出来るので、頭皮に溜まったフケを全て洗い流す事が出来ます。更に頭皮をきっちり引き締めて、乾燥から防いでくれるのです。

次に大切なのが、髪を洗いすぎない事です。1日に何度も洗うとキューティクルが剥がれてしまうせいで、頭皮も傷んでしまいます。

夜の1度で十分ですし、これ以上洗ってしまうせいで乾燥したり、反対に乾燥から皮脂の過剰分泌で脂性になってしまうのです。洗った後はドライヤーで髪の根元を乾かして置く事も忘れてはいけません。

食事や睡眠も気をつけよう

後は睡眠も大切で、最低でも0時には眠った方がいいです。野菜もキッチリと食べ、スナック菓子や油分の多い食事は控える事も大事なのだと感じました。

海藻類と納豆等の大豆製品を食べていると、頭皮の状態も良くなっていきました。昔から髪にいいと言われている食品は、やっぱり効果があるんだと実感しました。もし食べる、用意する暇がない時はサプリで摂取しても大丈夫です。

私はノンシリコン、石鹸と色んなシャンプーを使っては失敗してきました。ノンシリコンは確かに髪がサラサラになりますし、石鹸は頭皮に優しいです。

でも、脂性の人がノンシリコンを使うと余計べたついたり、石鹸は乾燥が酷くなる事もあります。頭皮の状態から、対策を練ると良くなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

2017年カズの育毛スキーム|驚くほど抜け毛が激減した具体的な方法

2017.2.16

2017年カズの育毛スキーム|驚くほど抜け毛が激減した具体的な方法

2年ぶりに「カズの育毛スキーム」を公開しました。以前からのスキームも理にかなった方法だったと認識していますが...「2017年カズの育毛スキ…

プロフィール

カズの写真

こんにちは、カズです^^私の育毛体験を惜しげもなく話します。 →運営者の詳しいプロフィール

スポンサードリンク

カズが使っている育毛の教科書

極楽育毛革命レビュー
詳細はこちら⇒ 極楽育毛革命

育毛には、健康な身体・健康な頭皮・健康な精神が必要となります。それらのことが学べる育毛バイブル。

ページ上部へ戻る