亜鉛不足の解消にカキ鍋を開始してみた|抜け毛&爪の改善を考えて

かき鍋で亜鉛を補給し育毛へつなげる

爪の異常や抜け毛予防に「育毛サプリボストン」を利用してきましたが・・・先日ご報告した通りシミ対策の為に別のサプリメント(薬)を利用しています。(これに伴いボストンは一時停止)

ただ、このままだと「爪に異常が出る(爪が割れる)」可能性が高いので、食べるものを意識して亜鉛をとることを考え・カキ鍋を作ってみました。

スポンサードリンク

なぜ、亜鉛を意識するのか?

  • 5α-リダクターゼを阻害する
  • たんぱく質の合成に関与していて髪の成長を促す
  • 亜鉛による活性化される酵素は300以上

亜鉛不足を起こすと、味覚障害・傷の治りが遅くなる・精子の数の減少・脱毛症・爪の異常などを引き起こします。

また、亜鉛不足を起こすと「爪の異常が発生」し、爪が薄くなったり・爪が欠けてしまうことをカズ自身がもろに経験しています。※これは、以前ブログ記事にしています

この爪の異常を抑える為に「抜け毛予防に良いと評判の育毛サプリボストン」を利用してきました。「実際に爪の異常が改善されていた」ので、ボストン効果は間違いなくあったと言えます。爪に効果があったので、髪にも良い影響を与えていたと言えると思います。

かき鍋を取り入れます

かき鍋で亜鉛を補給し育毛へつなげる3

食べ物で亜鉛を多く含み効率的にとれるのがカキです。

もともとカキは好きな方ではなく・好んで食べることはありませんでした。新鮮な生ガキやカキフライが美味しいのも分かりますが・・・たくさん食べたいとは思わないのです。

一番食べやすくて・継続的に続けられるものはないか考えたところ「カキ鍋が良いかなあ」と思い、早速鍋に突っ込んでみました。※今回は、カキを少なめにしました(苦手なので)

カキ鍋材料

  • カキ
  • 鮭(サーモン)
  • ぶなしめし
  • 白菜
  • にら
  • ちくわ
  • 生ラーメン
  • 豆苗(とうみょう)

村上農園の豆苗(とうみょう)いいね

かき鍋で亜鉛を補給し育毛へつなげる4

ブログ記事で以前、ブロッコリースプラウトについて記事にしました。
育毛効果ブロッコリー新芽(スプラウト)で発見

スプラウトとは、発芽野菜のことで・親野菜より栄養や酵素をたっぷり含んでいるといわれています。アレです・・・カイワレ大根をイメージすると分かりやすいですね。

以前から村上農園のスプラウトに注目していて、スーパーで売っていたので豆苗(とうみょう)も鍋に突っ込んでみました。※豆苗は、鍋が出来る上がる直前に入れる

豆苗(とうみょう)の栄養

かき鍋で亜鉛を補給し育毛へつなげる7

豆苗とほうれん草を比較すると「ビタミンCは2.1倍」「ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンEやたんぱく質は大きく上回り」栄養バランスも良い緑黄色野菜だということが分かります。
※画像は、村上農園HP

豆苗(とうみょう)を育てる

かき鍋で亜鉛を補給し育毛へつなげる5

なべやラーメンを作るたびに、必要な分切って利用しています。

かき鍋で亜鉛を補給し育毛へつなげる6

この豆苗(とうみょう)の楽しみ方として・・・「残った根と豆を育てて再収穫」出来るようです。室内の明るいところにおいておくと「7日~10日ぐらい」で、再収穫できるようです。

もう少ししたら全部使い終わるので、なくなり次第育ててみるつもりです。これでうまくいったら楽しいですね。また、「ブロッコリースプラウト」もスーパーで売っていたら試してみたいと思います。

まとめ

すいません、何が言いたいのか?分からない記事となってしまいました。私の中では「亜鉛の摂取が非常に重要と考えている」ので、自分の頭の中を整理する意味も込め記事にしてみました。※実践記ということで許して下さい

今回は、効率的に亜鉛をとる為に「カキ鍋」を作ってみました。今後、生活習慣の見直しを考え、食事・睡眠・運動・ストレスについても掘り下げて記事にする予定です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

プレシャンプー~育毛剤までの流れ

2014.10.7

正しいスカルプケアの手順とは?プレシャンプー~育毛剤までの流れ

私が実践しているスカルプケアの手順です。「プレシャンプー~育毛剤までの流れ」を詳しく解説しています。「シャンプーの頻度・プレトリートメントの…

プロフィール

カズの写真

こんにちは、カズです^^私の育毛体験を惜しげもなく話します。 →運営者の詳しいプロフィール

スポンサードリンク

カズが使っている育毛の教科書

極楽育毛革命レビュー
詳細はこちら⇒ 極楽育毛革命

育毛には、健康な身体・健康な頭皮・健康な精神が必要となります。それらのことが学べる育毛バイブル。

ページ上部へ戻る