育毛特効薬が出来るかも?「育毛せよ」信号元、イエール大学が発見

「育毛せよ」信号元、イエール大学が発見

イェール大学の研究チームが脂肪細胞が育毛をトリガーする信号を出していることを突き止めたことを発表。将来の育毛剤・育毛特効薬に役立つであろう発表に、期待はしているが実用までの期間を考えると私の現役の間はどう考えても無理そうである。

スポンサードリンク

スラッシュドット・ジャパンサイエンス

毛髪の再生に脂肪細胞が深く関わる。イェール大学研究チームが解明

以下引用

男性型脱毛症では毛嚢に幹細胞が存在することは確認されているが、この幹細胞には毛髪を再生する力はなくなっているという。毛嚢の幹細胞は「育毛せよ」との信号が送られてきてこそその力を発揮するが、今まではどこからこの信号が送られてくるか分かっていなかった。イェール大学の研究によると、この信号は皮膚下の含脂肪細胞から送られてくるとのこと。脱毛が進行すると頭皮の脂肪層も縮小し、毛髪が再生するときにはこの脂肪層がまた増えるそうなのだが、マウスを使った実験でこの脂肪層の増加に関わっている脂肪前駆体細胞という幹細胞の一種が毛髪の再生自体にも大きな役割を担っているとが明らかになった。

どうなんでしょう?
この研究結果が育毛剤や・育毛薬に役立つ日は来るのでしょうか?

17型コラーゲン不足がハゲの原因?

  ↑
2011年2月に17型コラーゲンが話題になりましたが、こちらも私たちが現役の間は特効薬としての実現は難しいように思います。もちろん、期待していないわけではありませんが何か難しそうですね。

誰でも安価で安心して使えてしかも発毛する育毛剤やら何やら出来るのを期待しつつ、育毛の土台となる「身体・頭皮・精神」をしっかり作り上げておくことが大事だと思います。

そうすれば、最小限のハゲですむでしょうし、誰にでも効く育毛剤が出来れば効果も最大限に引き出すことが出来ます。毎日を楽しみ・暴飲暴食をしない生活を心がけましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

2017年カズの育毛スキーム|驚くほど抜け毛が激減した具体的な方法

2017.2.16

2017年カズの育毛スキーム|驚くほど抜け毛が激減した具体的な方法

2年ぶりに「カズの育毛スキーム」を公開しました。以前からのスキームも理にかなった方法だったと認識していますが...「2017年カズの育毛スキ…

プロフィール

カズの写真

こんにちは、カズです^^私の育毛体験を惜しげもなく話します。 →運営者の詳しいプロフィール

スポンサードリンク

カズが使っている育毛の教科書

極楽育毛革命レビュー
詳細はこちら⇒ 極楽育毛革命

育毛には、健康な身体・健康な頭皮・健康な精神が必要となります。それらのことが学べる育毛バイブル。

ページ上部へ戻る