最先端の育毛・発毛剤「アドバンスト ヘア コンプレックス」を開発し製造・販売を開始

アドバンスト ヘア コンプレックス

アドバンストヘアコンプレックスという発毛促進剤が発売される。この発毛促進剤は、今主流のホルモン剤を一切使っていないので副作用を起こさないのが特徴です。

スポンサードリンク

 ValuePress!link

以下引用

米国・AQ Skin Solutions 社(http://www.aqskinsolutions.com )A.アルカタニ医学博士が、大学病院での“やけどの皮膚移植”の治療などの実践を通じて研究開発したGF(グロース・ファクター=細胞成長因子)を主成分とした「Hair Complex +」を発表。

2011年7月より、大木バイタイルサイエンス株式会社のサポートを受け、日本向けに「Hair Complex +」の販売を開始する。

Hair Complex+に含まれている、GF(グロースファクター=細胞成長因子)は、米国では単なる化粧品ではなく育毛治療薬として使用されています。今現在主流の育毛剤は主成分にホルモン剤を使用していますが、この育毛治療薬はホルモン剤を一切使用していないので副作用の心配がありません。

日本では、「Hair Complex+」に使用されている一部のGF(グロース・ファクター=細胞成長因子)を育毛剤(または化粧品)の原料として使用することが、厚生労働省から認可されていません。

日本で購入したい場合は、個人輸入を行う以外に入手の方法はありません。個人輸入代行業務は日本総代理店である大木バイタルサイエンス株式会社が行っているようです。

【商品名】米国・AQ Skin Solutions 社製 「Hair Complex+」
【発売日】 2011 年7 月下旬
【価 格】 ¥30,000 (個人輸入代行手続き費用等込み)
【日本総代理店】 AQ Skin Solutions Japan(大木バイタルサイエンス株式会社)
【個人輸入代行日本語サイト】AQ Sking Solutions社の日本サイト

まとめ・編集後記

GF(グロースファクター=細胞成長因子)は、人の細胞が持っているアミノ酸レベルの因子で、細胞の再生・成長・分裂に直接かかわり頭皮の細胞をもとの若々しい再生サイクルへ引き戻す効果を発揮するという画期的な発毛薬です。今主流のホルモン剤を使っていないというのも安心材料ですね。

あと日本では厚生労働省から認可されていませんが、世界で最も審査が厳しいといわれているFDA(米国・食品医薬局)が認めた製品であることから米国ではハリウッドセレブをはじめ多くの愛用者がいて今もかなり注目されているようです。

この発毛剤かなり良さそうですね。私はチャレンジするつもりはありませんが、チャレンジした人はぜひその感想を聞かせて下さい。よろしくお願いします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

Deeper3D成分表|モンゴ流のモンゴロイド3大伝承成分って何?2

2014.10.16

Deeper3D成分表|モンゴ流のモンゴロイド3大伝承成分って何?

現在使っている育毛剤・・・Deeper3Dを開始してから髪の状態が良くなっている感じがします。Deeper3Dの有効成分は注目の成長因子やキ…

プロフィール

カズの写真

こんにちは、カズです^^私の育毛体験を惜しげもなく話します。 →運営者の詳しいプロフィール

スポンサードリンク

カズが使っている育毛の教科書

極楽育毛革命レビュー
詳細はこちら⇒ 極楽育毛革命

育毛には、健康な身体・健康な頭皮・健康な精神が必要となります。それらのことが学べる育毛バイブル。

ページ上部へ戻る